COLOR STONE
カラーストーン

COLOR  STONE

古代の人々の心を捉えた、美しい色を持つカラーストーン

古代の人々の心をとらえたのは、美しい色をもつカラーストーンでした。例えば、紀元前4000年頃にはすでに、最古の宝石市場であるバビロンにおいて、エメラルドが取引されていたと言われています。しかし当時は、エメラルドは「緑色の石」を指す総称であり、実際にはエメラルド以外の緑色石が混ざっていたに違いありません。また、古代エジプト文明や古代メキシコ文明において、空青色のトルコ石が盛んに用いられていたことも広く知られています。このように、高度な研磨加工技術をもたなかった時代には、地球から生まれた自然のままの美しい色こそが宝石の生命であり、他には見られない魅力であったに違いありません。

DIAMOND
CROSSFOR
UNOARRE